せん妄の患者さんが尿管を引き抜いて血だらけに・・・。せん妄や認知症の患者さんが多くて夜勤はとても手が足りません!看護師辞めたい!

入院している患者さんは、急変などの体調の異常にも注意が必要ですが、それ以外にも、
予測ができない行動をする事が多々あるので、行動にも十分に注意する必要があるんですよ。
行動というのは全く予測ができませんから、本当に大変です。
特に、認知症の患者さんやせん妄の患者さんが増えると、看護師のリスクがかなり増えてしまうんですよね。>_<
でも、そのような患者さんが最近とても増えているんです。

 

ついこの前も、夜間のオムツ交換に回っている時に、ビックリする事故があったんです。
つい1時間前には静かに寝ていた患者さんなんですけど、その後、オムツ交換に回った時には、なんと、
尿管カテーテルを自分で引き抜いて、布団の中で血まみれになっていたんです。(><)
考えても見て下さい、カテーテルの先って、抜けてこないようにバルーンで膨らましてあるんですよね。
それを無理に引き抜いたんです。
そんな事をしたら尿管を傷つけてしまいますし、普通の患者さんだったら、あまりの激痛に悲鳴を上げるくらいなんです。
でも、その患者さんは、血まみれになりながらも眠っていたんですよね。(=Q=j
すぐにドクターコールして対処してもらって、大事には至らなかったんですけど、家族からは、
ちゃんと見ていなかったんですか?!と怒鳴られるし、散々でした。

 

私達だって、出来る限り患者さんの見守りをしているんですよ。
せん妄や認知症の患者さんに、身体拘束しないで安全に過ごして貰うのって、かなり大変なんです。
でも、そんな事は聞き入れて貰える訳がなく、すべて看護師の責任になるんです。
どんな理由であっても、責められるのは看護師だなんて、なんだか納得いきませんよね。
こんな状況では、仕事なんて辞めたくなってしまいます。(=Q=j